2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインまとめ

2019AWトレンドのネイルは蜜柑カラーで、

NPO法人のネイリスト協会が発表しています。

 

オレンジカラーは夏のイメージでも、

ちょっとネイルデザインを工夫すれば、

季節にぴったりなものにすることが可能です。

そこで、おすすめの蜜柑カラーのネイルデザインをまとめてみました。

 

 

 

SPONSORED LINK

2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart1

 

1

出典:https://www.biteki.com/nail/designs/274576

 

オフィス向けのネイルでも2019AWトレンドカラーを取り入れるなら、

フレンチネイルで試してみましょう。

 

上品で大人女子におすすめのデザインですし、

トレンドカラーである蜜柑カラーは肌に近い色を選ぶことで、

肌馴染みがよくきれいな指先を演出することが可能です。

 

他にも蜜柑カラーを使ったおすすめネイルデザインがたくさんありますので、

こちらの記事もチェックしてみてください。

 

↓↓↓2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart1についてはこちら↓↓↓

 

 

 

SPONSORED LINK

2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart2

 

1

出典:https://kaumo.jp/topic/368

 

大人女子が2019AWトレンドの蜜柑カラーをネイルで取り入れるのであれば、

このようなデザインがおすすめです。

 

爪が短い女性でも長く見せることができますし、

ラインだけで華やかさがでます。

 

アレンジは自由自在でセルフで楽しめるデザインがたくさんありますので、

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

 

↓↓↓2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart2についてはこちら↓↓↓

 

 

2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart3

 

1

出典:https://www.nail.or.jp/nailtrend/2019aw/index.html

 

2019AWのトレンドである蜜柑カラーを使ったネイルデザインは、

グラデーションも楽しむことができます。

 

カラーの明るさを少し落とすだけで、

落ち着いた雰囲気にまとめることが可能です。

 

ファッションに合わせてくすみカラーに近いオレンジを探してみるのもあり。

お店でカラーをチェックしてセルフで楽しんでみましょう。

 

↓↓↓2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart3についてはこちら↓↓↓

 

 

2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart4

 

1

出典:https://beauty.biglobe.ne.jp/nail/catalog/detail-PG002799745/

 

ショートネイルさんは

2019AWトレンドの蜜柑カラーを可愛らしいデザインで楽しむことが可能です。

 

蜜柑模様を使ってみたり、

単色塗りだけでも指先をおしゃれに仕上げることができます。

難しいやり方は特にありませんのでチャレンジしてみてください。

 

↓↓↓2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart4についてはこちら↓↓↓

 

 

2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart5

 

1

出典:https://mery.jp/1021208

 

蜜柑カラーにピンク系をプラスすると優しい雰囲気に仕上げることができます。

グラデーションのフレンチネイルも女性らしいデザインで素敵ですよね。

 

蜜柑カラーの濃さを変えるだけで、

雰囲気をすぐに変えることが可能です。

 

とても素敵なネイルデザインがたくさんありますので、

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

↓↓↓2019AWは蜜柑ネイルがトレンド!おすすめネイルデザインはこれpart5についてはこちら↓↓↓

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今まで知らなかった蜜柑カラーのネイルデザインがたくさんありましたよね。

今回ご紹介したネイルデザインを参考にすれば、

2019AWのトレンドをしっかりと取り入れることができるのでおすすめです。

 

どれもセルフで試すことができ、

時間もかかりませんから、

トレンドネイルに挑戦してみてくださいね。

 

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ