着る服でここまで変わる!?気になる体型をカバーする着こなしとは

 

夏になると露出が増えるので、

気になる体型の部分をカバーができなくて困っている人は多いです。

実は、無理に隠そうとすることで

実は逆効果になっていることもありますよ。

 

なので、体型カバーをしたいのであれば

正しい体型カバー術を知ることがとても大切です

 

そこで、

今回は正しい体型カバーの基本についてご紹介します

 

 

SPONSORED LINK

★体型カバーのために大きいサイズを着るのはNG

 

image001

出典:http://honeyland1.ocnk.net/product/307

 

ぽっちゃりとした体形が気になる人は、

大きめの洋服を着て隠そうとしますよね。

お腹周りを隠そうと思って大きいサイズを着ると、

逆にお腹を目立たせる結果となってしまいます。

 

逆に太って見せていることになるので、

わざと大きいサイズの洋服を着ることはやめましょう。

 

 

SPONSORED LINK

★体型カバーをしたいのであればサイズの合った洋服を着ること!

 

正しい体型カバーの方法としては、

まず自分の身体にあった正しいサイズの洋服を着ることが大切です

きついものは洋服にシワができてしまうので体型を目立たせる原因となり、

大きいサイズの物は太って見える原因となるのです。

 

そのため、体型を隠そうとして無理に補正するのではなく、

自分にきちんと合うジャストサイズの洋服を選ぶことが大切です。

 

なので、今まで間違った体型カバーをしていた人は

正しい方法に切り替えましょう

 

★体型カバーは気になる部分に目線をいかないようにするのも一つの方法

 

体型をカバーしたい部分は

視線をそらさせることも一つの方法と言えます。

誰でも会った時に、

一番初めに気になる体型部分を見ているわけではないのです。

 

まず全体を見てから細い部分に目が行くので、

これを上手に活用していきましょう。

 

○お腹周りが気になる人の体型カバー

 

→お腹や下半身が気になる人はそこを隠す努力よりも首にスカーフを巻いたり、

襟元のデザインが変わっているものを身に付けた方が

目線を上に集中させることができます。

 

なので、

目線は下にいきませんので体型をカバーすることができているのです。

 

image002

出典:http://woman-lifeinfo.com/sweatpants-fashion/

 

○背が低いことをカバーしたいとき

 

→背が低い人は縦のラインを強調させるアイテムを使うと

体型をカバーすることができます。

よって、ロングカーディガンなどを使えば背を高く見せることができます。

 

image003

出典:http://webmarketing.link/pesmaru/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/post-4129/

 

○ふくらはぎをカバーしたいとき

 

→ふくらはぎをカバーしたいのであれば、

一番効果があるのはスカートの丈に気を付けることです。

自分の足なら、

どのくらいのスカートの丈の長さが一番足を細く見せてくれるのか知ることが大切です。

 

実際にひざ上丈・ひざ丈・ひざ下丈と履き比べてみて

(一枚のロングスカートで、長さを手で持って調整するだけでもOKです)

最も細く見えるバランスを探しましょう。

 

image004

出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/e-zakkamania/guide/dictionary/kiyase.html

 

★体型カバーは目の錯覚を利用すること

 

image005

出典:http://blog.livedoor.jp/onopo/archives/3966655.html

 

目の錯覚で利用される上の図は、すべての線の長さは同じです。

でも、真ん中が一番長く見えて、左が一番短く見えますよね。

これを体型カバーに取り入れることで

ファッションを楽しめるというわけです

 

なので、この図からのヒントから

ハイウエストブーツカットパンツセミフレアースカート

錯覚効果があるアイテムと言えます。

 

これらのアイテムは

背の低い人が履くと背を高く見せることができるのです

 

★体型カバーはあえて露出をするのも一つの方法

 

気になっている部分をあえて露出することで

全体をすっきりとみえることができます。

例えば、二の腕はノースリーブシャツなどで

細く見せることができるのです。

 

二の腕を露出するときは、

首元・鎖骨・足首も一緒に出してください。

肌の一部が見えていることで

すっきりとした印象にまとめることができるのです

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

体型カバーはただ隠せばいいというわけではありませんでしたね

 

自分の体型にあった洋服はとても大切なことです。

なので、自分の体型にふさわしい洋服を選んでおしゃれを楽しみましょう

 

基本的に細く長く見せたいときは

縦ラインを強調したスタイリングにすれば間違いがありません

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ